​びわの葉温灸

​びわの葉温灸とは

〔びわの葉の薬効〕

バラ科の常緑樹のびわの葉は、「肺・胃に作用する」「涼性」という性質をもった食材。

肺にこもった熱を冷まして咳を抑え、のどの渇きを解消してくれます。

「枇杷葉(びわよう)」という生薬名で、呼吸器の症状に対して処方されるいくつかの漢方薬にも含まれています。

また、胃にこもった熱を取り除き、嘔吐や吐き気を改善してくれます。江戸時代には、暑気払いのために、夏には枇杷葉湯(びわようとう)が飲まれていたそうです。

 

〔びわの葉を使って行う温灸〕

一方、びわの葉温灸は、「びわの葉風呂」「びわの葉湿布」などの外用によるびわ葉療法のひとつです。

皮膚に当てたびわの葉の上から点火した棒もぐさ(直径3cm)を押圧します。びわの葉を通して伝わってくるお灸の熱は「心地よい」とともに、体にずしんと入ってくる「力強さ」があります。(乾燥していない)生葉を使うことで、お灸の熱は「湿熱」として深部へ入ります。

びわの葉温灸では全身治療を行いますが、体の浄化槽である肝臓・腎臓を中心にお灸をすることで、血液を浄化してゆくことが大きな特徴です。お灸の後には、体が軽くなり、疲れがとれ、深く眠れるようになること、などを実感されると思います。

びわの葉療法は、日本では主にがんに対する民間療法として知られていますが、効果が期待できる症状はそれだけではありません。からだの土台が整えられることで、慢性化している症状や現代医療でも難しい症状に変化をもたらすことも少なくありません。

​施術の様子

無理なくとれる姿勢で、施術いたします。

ひとつの治療点に数秒から数十秒あてながら、他の治療点に移動してゆきます。

びわ灸施術(2)_03.jpg

​穏やかな温熱刺激をつくるために

まず、皮膚の上に直接びわの葉をあてます。

その上にさらし(8枚重ね)と、温灸紙(びわの葉温灸用の燃えにくい紙。こちらも8枚重ね)をのせます。

その上から、火がついた棒もぐさを押し当てていきます。

びわの葉温灸の模式図.png

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ー

​    ( 皮膚面 )

びわ灸 手元写真_edited.jpg

​びわの葉温灸はこのような方におすすめしています

 体の冷えをなんとかしたい(胃腸が弱い、疲れやすい、妊活中、など)

 悩んでいる慢性症状は、冷えると悪化する傾向がある

 お薬を控えたい事情がある。お薬以外で症状を改善できる方法を探している。

 現代医療で治療中。東洋医学を併用してみたいが鍼は怖い。

 大きく体調を崩してから、なかなか元の状態にもどれないでいる。

 自然療法に興味があり、試してみたい。

 

*気になることは、どうぞお問い合わせください

​びわの葉温灸をご自分でなさりたい方へ

慢性的な症状には定期的にびわの葉温灸を受けていただく必要がありますが、ご自宅でもなさっていただくようにおすすめしています。施術中にお灸のポイントをお伝えするようにしています。短い時間でもいいので、ぜひ行っていただきたいです。なお「びわの葉温灸教室(60分)」では、実際に棒もぐさを使っていただきながら、基本をお伝えしています。