検索
  • さいとう鍼灸治療室

夏でも朝にみそ汁を飲んだほうがいいですか?

ある30代の患者様からのご質問です。もともと朝食は作らず、コンビニのおにぎりやシリアルなどでさっと済ませていたN様。食養生の方法はいくつもありますが、みそ汁は一押しの一品。発酵食品で、いろいろな栄養素を摂ることができるスーパーフードですから。「インスタントですけどネ・・」とのことですが、忙しい中で「朝のみそ汁」を始められました。涼しい時期に始めた新習慣でしたが、6月に入ると気温が高めの朝もあり、温かいみそ汁がちょっとしんどいなぁと感じる日もあるとのことでした。


寒い冬に飲むアツアツのみそ汁は体が温まってほっこりしますが、確かに夏は違いますね。でも、「暑い夏こそみそ汁」なのです。なぜかというと・・・

‐冷たい食べ物・飲み物で冷やしがちな内臓を温める効果

‐エアコンで冷やしてしまいがちな体を内側から温める効果

‐熱中症予防や夏バテ防止のためにミネラルや塩分を補う効果


そして薬膳でも、「脾(現代医学では胃腸に相当)に効く」大豆は、夏の暑さで低下しがちな食欲や消化活動を助けてくれます。


冬のようにアツアツでなく、ちょっとぬるめでもOK。ぜひ続けてほしいです!


ちなみに、写真は我が家のみそです。3種類のみそを、使いやすいように1つの容器に入れています。色の違いがわかりますか?


左は6年みそ。自然食品店で購入しています。熟成期間が長いほど酵素が多くなり、薬効が高くなります。ただし風味が控えめなので、他のみそと合わせて使っています。

真ん中は、自家製みそ。玄米麹と国産大豆で作りました。毎年冬に仕込み、1年間寝かせて完成です。

右は、市販の合わせみそ。地元のスーパーで500g/400円くらいで購入。熟成期間は一番短いけれど、風味が良いので加えています。


私自身も30代のころはコンビニの惣菜パンで朝ごはんを済ませていました(笑)。一杯のみそ汁が習慣になっている今のほうが、朝から元気に動けるし、体調も安定しているように感じます。