​症例

当治療室の症例の一部を紹介しています。

同じ病名や症状であっても、効果には個人差があります。

*このページは2022年に追加作成しました。2021年後半以降の症例を掲載しています。​

​症例1 複数の慢性症状 腰痛、胃腸痛、疲れがとれない

Case1 stomachache,backache, and irritation.jpg

​来院者: 40代女性    

期間:      2021年7月~8月 

通院回数:2回 

通院頻度:1週間に1度

症状:

腰痛は7年前に妊娠したときから、胃腸痛は4か月前から続いている。寝ても疲れがとれずすっきりしないことも、ここ2年ほど続いている。自身の年齢からこれらの症状は更年期による症状かもしれないと思ったが、婦人科にて女性ホルモン値は正常値(更年期を示す値ではない)だった。体がすっきりしないからか、イライラ感もあるとのこと。

​施術と経過:

腰の状態を確認すると、股関節の奥の筋肉に固さがみられたので足に鍼をして緩めた。お腹に触れると、季肋部(肋骨の際)に緊張が強いところがあったので、そのエリアを手・足のツボで緩めた。肩から背中をチェックすると、首や肩上部のこり感に加えて、背中(腰に近いエリア)の重さも自覚症状としてあったので、足のツボで対処。

2診目 来院時、「だいぶ調子がいいです」。立ち上がった後の腰の痛みが減少。背中のつらさや胃腸痛もかなり少なくなっている。全身の疲労感も改善されたからか、いらいら感もだいぶ少ないとのこと。前回と同様の施術をした。経過良好であったので、施術はいったん終了し様子をみることにした。

まとめ:

胃腸痛については、お仕事とご家庭とどちらも忙しいご様子から、心身の疲れが重なり、慢性的な不調につながっていると考えた。内臓の調子は体表に現れるので、その部位を改善するツボをつかって症状を解消することを目指した。腰痛, 背部痛、そして胃腸痛の改善により、すっきり感を感じられ、またイライラ感も改善された。

​症例2 検査では「異常がない」と言われた動悸とめまい

Case2 dizziness and palpitations.jpg

来院者:30代女性

期間:2021年8月~9月

通院回数:3回

頻度:2週間に1度

 

症状:

3週間前、外出中に貧血様の症状と共に動悸とめまいが起こり、それ以来1週間に数回、朝や日中に動悸が起こっている。コロナ禍での緊張感も続いていた。もともと胃腸の弱い体質。発症時は夏バテ気味で食欲も低下していた。3つの内科にかかるも心電図なども検査では異常がみられないため「体に問題はない」と告げられた。3つ目の内科で処方された漢方薬の服用を始めてから、食欲などは少し回復傾向にあるが、動悸が改善されないため来院された。

施術と経過:

背中に触れると、強い緊張感の感じられる部分があった。そこを緩めることを目的に肘のツボに鍼をした。めまいに対して足のツボに、また全身の緊張を緩めるために頭のツボに鍼をした。胃腸を整えるためにお灸を加えた。

2診目(1週間後) 動悸はほぼ消失し、「気にならなくなっている」。めまいはまだあるけれど、頻度はだいぶ少ない。背中の緊張やめまいに対して、手の甲や腕のツボに鍼をした。胃腸へのお灸も同様。

3診目(3週間後) 動悸とめまいはない。食欲はだいぶ回復しているが、心身が疲れた時は軟便になりがち。動悸とめまいを予防する目的で前回と同様の施術をした。2週間後に別の症状でご来院された時に、動悸とめまいの再発がないことを確認。

 

まとめ:

複数の内科にかかるも検査で異常がなく、初来院時には「自分がおかしくなってしまったのかと思った」と不安と戸惑いの気持ちを話されていた。発症した時のご様子から、コロナ禍での子育てに対する精神的な緊張感が引き金になっていると考え、上半身に見られる緊張を確認し調整したところ、症状は消失した。

​症例3 横からの追突事故 振り向けない首の痛みと右腕の重さ

Case3 whiplash injury.jpg

​来院者: 20代女性    

期間:2021年10月~12月 

通院回数:5回 

通院頻度:1週間に1度

症状:

訪問入浴サービスに従事している方。10日ほど前に、車で移動中(来院者は助手席)に出会いがしら事故(運転席側からの追突)に合い、その夜から首と上肢に症状がでる。

首の痛みのため振り向くことができない。また右上肢(利き腕)のしびれと重さのため「箸でおかずをつまむことがうまくできない」。仕事ではバスタブに仰向けに横たわった利用者の頭を自分の右腕で下から支えるのがつらい。事故の数日後に職場復帰をしているが、整形外科での局所への温熱療法では変化なく、他の選択肢として来院された。

 

施術と経過:

側頚部で、右側の緊張が強い。背中に触れると、肩甲骨の内縁や脊柱起立筋でも右側の緊張が強い。手や足のツボに鍼をして首の緊張をゆるめたところ、右側に振り向けるようになった。右上肢のしびれはまだ残る。

2診目 来院時、右上肢のしびれは消失していて、重さのみが残っていた。右上肢の重さの改善を目的に手に鍼をした。

3診目 来院時、右上肢の重さは腕全体ではなく、肩のみ(三角筋周囲)に狭くなっていた。しかし、首や腕の症状が軽くなってきてから「右下半身にもだるさがあることに気づいた」。だるさはとくにふくらはぎで強く「そのせいで早く歩けない」とのこと。右足に緊張の強いところがあったため、そのツボに鍼をした。

4診目 来院時、歩行時のだるさはかなり減少。右肩の重さは「たまに」起こる程度に減少しているとのこと。前回と同様の施術をする。

5診目 前回からの1週間、右肩の重さはなく、歩行の問題もなかった。前回と同様の施術をして終了とした。

まとめ:

首肩と腕への症状には、痛みを起している局所ではなく、原因点に鍼をすることで動きの制限をすみやかに取り除くことができた。また、今回の事故は横からの追突によるもので、腰もその衝撃を受けていた。足の緊張が緩むことで腰や首・肩の緊張も緩んだという結果には、連動関係が現れている。

​症例4 寝返りがつらい腰痛

Case4 bachach which prevents turning over.jpg

来院者:50代女性

期間:2021年10月~12月

通院回数:3回

頻度:2~3週間に1度

 

症状:

腰が張る感じは数年前からあったが、コロナ感染者増加によるリモートワークが始まってからデスクワークが長くなったため、張りはさらに強くなっていた。椎間板ヘルニアを患ったことがあるため腰のメンテナンスはしていたが、コロナによりできなくなっていた。3日前に急激に悪化してから、寝返りのたびに痛みで目が覚めてしまう。右腰が「まるで太い柱が入っているように」固くなってしまった。

施術と経過:

左側に比べて、右側の腰(くびれのあたり)は筋肉がかなり固く、術者が押圧しても指が入らない。患者様自身も右側を押されるほうが「かなり痛い」。加えて動作を確認。立位で前屈や側屈したときに、痛みにより動きに制限がかかる。仰向けで右側の腰を浮かせるときに激痛。ソケイ部にも右側の緊張が強い。

ソケイ部の緊張を緩めるために足の甲にあるツボに鍼を、腰のくびれの部分を緩めるために臀部のツボに鍼をしたところ、右腰にあった「太い柱」は少し「細く軟らかい柱」になった。押圧されたときのするどさが減少し、寝返り動作での痛みが消失した。

2診目:来院時、「張りや痛みはまだあるけれど、だいぶ調子がいいです」。寝返りで目覚めることもなく、仰向けからの起き上がりもさっとできる。立位で腰を動かしたときに残る制限を取り除くために、臀部や手の甲のツボに鍼をした。

3診目、右腰の重さはいくらかあるが、日常動作ではまったく支障がない。腰の痛みが強すぎるために中断していたストレッチもまたできるようになったので、セルフメンテナンスで様子をみられることになった。

 

まとめ:

椅子に座りっぱなしの時間が増えることで、腰の筋肉の緊張が強くなり、睡眠障害まで起こした症例。動作確認から緊張の原因点が股関節にあることが分かったので、「柱のように」固くなった部位そのものには鍼をせず、腰痛を改善することができた。

​症例5 歩けなくなるかと思った股関節痛

Case5 painful hip joint.jpg

来院者: 60代女性    

期間:2022年12月~2022年1月 

通院回数:2回 

通院頻度:2週間に1度

症状:3か月前より左股関節の前側に痛みがあり、歩行中に左足を踏み込むときがつらい。原因は思い当たらず、気づいたら痛くなっていた。整形外科では、レントゲン所見に問題なし。毎日犬の散歩をしているが、痛みのためにできなくなってしまうのではと不安がある。他に、車の運転席に乗り込む時、左大腿部を座席に引き上げる時にも左股関節の同じところが痛む。

施術と経過:

歩行時の痛みについては、左足を踏み込むときにソケイ部のあたりが痛む。動作を確認したところ、立位からしゃがむ動作でも同じ部位が痛い。ベッドに腰かけて膝を胸に引き寄せる動作でも同じ部位に痛み。股関節の痛みのため、あぐらも左足のみできない。

 

初診:股関節の奥の緊張をゆるめる目的で足の甲のツボに鍼をした。すると左の膝を引き寄せる動作が軽くなる。腰へ鍼をしたところ、しゃがむ動作がスムーズになる。あぐらはまだできない。

2診目(14日後):左股関節の痛みは10→3に減っており、歩行では「そういえば不便がなくなっている」とのこと。安定させる目的で前回と同様の施術をしたところ、ソケイ部の重さはさらに減少した。あぐら動作を妨げてしまういくつかの緊張点を臀部やふくらはぎのツボを使ってゆるめたところ、痛みなくあぐらもできるようになった。「もっと早く来ればよかった」との声。

 

まとめ:

股関節の痛みは歩行に影響するため、日常生活への影響が大きい。不安な気持ちで整形外科を受診される方も多いけれど、骨そのものには問題がなく筋肉の緊張が原因になっていることが多い。痛みの起こる動作を丁寧に確認することで、ソケイ部の痛みの原因点がしぼられた。3か月間抱えられていた不調であったが、少ない施術回数で改善できた症例。

症例について

当治療室の症例の一部を紹介しています。

同じ症状名であっても、改善には個人差があります。